FC2ブログ

Appendix

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する






FC2 Affiliate

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trac導入

trac+Subversionの導入を行った。
Fedora Core 5です。

また、インストール方法やプラグイン導入方法、日本語化の方法をUP出来ればと思います。

日本語化にも少し手間取りましたし、WebAdminのプラグインにも少し手間取りました。

PEARがインストールされていない環境でのPEAR利用方法

レンタルサーバ(特に共有タイプのレンタルサーバ)では、PEARが導入されていないケースがあります。
(メジャーなパッケージはインストールされているが、最近のパッケージがインストールされていないケースもあります)

PEAR自体は、PHPでは非常にメジャーなライブラリ集です。親切なレンタルサーバ管理会社だとインストールをお願いすれば、インストールして頂けると思います。

では、本題です。
『PEARがインストールされていない環境におけるPEAR利用方法』
『前提条件』
includeパスの指定が出来ること。
代表的なincludeパスの指定方法として、以下3つがあります。(一応推奨順です)
○php.iniのinclude_pathを設定
○.htaccessの セクションを設定
○実行スクリプト中にini_set関数を用いてパスを設定

これらの方法は、PEAR公式サイトより推奨されていません。出来る限りPEARの提供するインストーラを用いたインストールを行ってください。

『利用手順』
1、PEARサイトより必要なパッケージをダウンロードします。
[Dependencies]とあるパッケージも依存関係にあるパッケージとなり必要になります。合わせてダウンロードして下さい。
2、ダウンロードしたファイル類を解凍し、サーバにアップロードします。
3、PEARにパスを通す設定を行います。(以下、PEARをアップロードしたフォルダを「/home/lib/PEAR」の場合で説明します。)
ケース1:php.iniのinclude_pathを設定
・Unixの場合
include_path = ".:/home/lib/PEAR"

・Windowsの場合
include_path = ".;/home/lib/PEAR"

※ UnixとWindowsの違いは、パスの先頭の「.:」と「.;」です。

ケース2:.htaccessの セクションを設定
・Unixの場合

php_value include_path ".:/home/lib/PEAR"


・Windowsの場合

php_value include_path ".;/home/lib/PEAR"


※ UnixとWindowsの違いは、パスの先頭の「.:」と「.;」です。
※ phpのバージョンに合わせて、 セクションの指定を変更して下さい。

ケース3:実行スクリプト中にini_set関数を用いてパスを設定
・Unixの場合
$path = ini_get('include_path');
$path .= ":/home/lib/PEAR";
ini_set('include_path', $path);

・Windowsの場合
$path = ini_get('include_path');
$path .= ";/home/lib/PEAR";
ini_set('include_path', $path);

※ UnixとWindowsの違いは、パスの先頭の「.:」と「.;」です。

以上、正式な手順でないため、実際の動作テストを十分に行い、自己責任でご利用下さい。
個人サイトならば、十分有用だとおもいますが、、、

<ご参考:気に入っているPEARパッケージ>
・Auth 認証 (Authentication)
メリット)セッションも利用しており、比較的セキュリティが高いサイトを手軽に開発できる。
・DB データベース接続に関するパッケージ。
メリット)DBMSを意識せず開発出来、様々な環境で動作するプログラムが作成可能。
・HTTP_Download HTTPダウンロードに関するパッケージ。
メリット)複数ファイルをZIPなどで1つにまとめてダウンロードさせるなど、自由度が高い。
・File_Archive
メリット)ZIPなどのアーカイブファイルの作成(圧縮)や解凍が可能

PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル
西沢 直木 (2002/09)
ソフトバンククリエイティブ

この商品の詳細を見る

WEB写真公開システムVersion1公開!!

アクセス制御付きWEB写真公開システムのVersion1を公開しました。今後も、要望を見て、拡張を行う予定です。


http://php.jpn.ch/


日記を見ると1ヶ月弱ですね。
コンセプトを打ち出し、新しい技術、OSを導入し、ひと段落です。
結構File_Archiveなり、zphotoのインストールの記事が少なく困りました。今後も、zphotoなりのもっと確かなインストール方法などが公開出来ればと思います。
今後も、機能拡張時に困って、WEBにあまり有用な情報が無いネタをこの開発日記で公開してゆければと思います。

アクセス制御付きWEBアルバムシステム公開サイト開始

あと、少しで公開を開始します。
公開用のWEBサイトを開始しました♪

デモページが見れるようになっております!!

http://php.jpn.ch/

PEARのFile_Archiveパッケージ利用方法

PEARのFile_Archiveパッケージで、ZIPファイルを解凍する方法や圧縮する方法を紹介しておきます。
PERAのインストール方法などは、こちら(http://system4zphoto.blog78.fc2.com/blog-entry-10.html)を見てください。

ZIPファイル解凍方法
第一引数: $zippathにzipファイルを指定します。
第二引数: $Folderに解凍する先のフォルダを指定します。
例) $zippath = "temp.zip/";
   $Folder = "Archive";
require_once "File/Archive.php";
File_Archive::extract(
File_Archive::read($zippath),
File_Archive::appender($Folder)
);

ZIP圧縮ファイル作成方法 (ZIPファイル作成)
第一引数: $Folderに圧縮対象のフォルダ・ファイルを指定します。
第二引数: $zippathにzipファイルを指定します。
例) $Folder = "Archive/";
   $createZIPName = "tmp.zip";
require_once "File/Archive.php";
File_Archive::extract(
File_Archive::read($Folder),
File_Archive::toArchive($createZIPName, File_Archive::toFiles())
);

ZIP圧縮ファイル作成方法 (標準出力に出力:通常ダウンロードのダイアログがブラウザより表示される。)
第一引数: $Folderに圧縮対象のフォルダ・ファイルを指定します。
第二引数: $zippathにzipファイルを指定します。
例) $Folder = "Archive/";
   $createZIP = "tmp.zip";
require_once "File/Archive.php";
File_Archive::extract(
File_Archive::read($Folder),
File_Archive::toArchive($createZIP, File_Archive::toOutput())
);

<利用方法詳細は、以下のページを参照してください。>
http://poocl.la-grotte.org/
http://pb12.pair.com/package/File_Archive/docs/latest/li_File_Archive.html
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。