FC2ブログ

Appendix

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する






FC2 Affiliate

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEAR File_Archive導入

PEARとは、PHPの便利なライブラリです。
PHPからZIPファイルを利用する場合、zlibやZZIPlibなどを利用したり、systemなどで、OSのコマンドを利用する方法も考えられますが、PEARを利用すると簡単にZIPファイルを扱うことが出来ました。
大抵のレンタルサーバならば、インストールされています。
File_Archiveに関しては、最近のパッケージなので、インストールされていないかもしれません。サーバ管理者にお願いすれば、入れてもらえると思います。(PEARのパッケージですので、、多分大丈夫でしょう。)
最近のPHPでは、PEARがインストールされているので、File_Archiveのインストールを行います。
File_Archiveを導入することで、Tar、Tgz, Tbz、Zipなどのアーカイブファイルが扱えるようになります。

pearコマンドのパスが通っていれば、良いのですが、基本的にPHPインストールフォルダにて、以下のインストールコマンドを実行し、パッケージのインストールを行います。

>pear install File_Archive
でインストールする。
依存ファイルの警告が出たら、以下のコマンドでインストールします。
>pear install --alldeps File_Archive
>pear install --onlyreqdeps File_Archive


もし、以下のようなエラーが出たら、File_Archiveパッケージをインストールする必要があります。
Warning: require_once(File/Archive.php) [function.require-once]: failed to open stream: No such file or directory in /var/www/html/xxxxx.php on line 70

Fatal error: require_once() [function.require]: Failed opening required 'File/Archive.php' (include_path='.:/usr/share/pear') in /var/www/html/xxxxx.php on line 70


PEAR公式ホームページ
http://www.go-pear.org/manual/ja/
インストール方法
http://www.go-pear.org/manual/ja/installation.php
PEARのパッケージマネージャ導入
http://www.go-pear.org/manual/ja/installation.getting.php

利用方法
http://poocl.la-grotte.org/
http://pb12.pair.com/package/File_Archive/docs/latest/li_File_Archive.html

PHP POST(アップロード)最大サイズ変更

PHPで、ファイルのダウンロード処理を作成した際に、PHPの設定ファイルを変更しないと、デフォルト値で指定されたファイルサイズのファイルしか扱えません。

この、最大ファイルサイズの変更を行う必要があります。

<php.iniの変更>
/etc/php.iniファイルや、PHPインストール直下(Windows)などに格納されている、php.iniファイルの以下のパラメータを変更します。
変更1:post_max_size = xxxM
変更2:upload_max_filesize = xxxM

『注意』
(post_max_size)≧(upload_max_filesize)にしないとupload_max_filesizeで指定したサイズのファイルをサーバにアップロードすることが出来ません。

HTML template for PHP (HTMLテンプレート ライブラリー)

HTML template for PHP
http://sourceforge.net/projects/htmltemplate/ より入手
本家は、鮎川寛氏(hiroshi ayukawa)さんの『PHP開発日誌』より提供されていました。 (既にホームページはなく、英語のページで存在を知りました。)
再配布自由な形(Artistic License version 2.0)で公開してくださった同氏は、サーバ向け検索エンジンNamazuを開発されたそうです。本当に、凄い人ですね。

テンプレートエンジンを探していたところ、日本語のサイトを検索すると「Smarty」や「patTemplate」が紹介されていましたが、「HTML template for PHP」の方が、利用できる環境が多くて、よさそうですね。レンタルの共有サーバなど、自分でサーバの設定を変更できない場合も、おそらく利用できると思います。本当に、よく出来たライブラリーです。
なぜ、HTML template for PHPの利用方法を紹介するページが少ないのでしょう?大半が、SmartyやpatTemplateでした。

私の使った機能を中心に利用方法を紹介しておきます。(私は、ほとんど基本的な機能しか使っておりませんが!!)

追記を表示

Fedora Core 5 に zphotoインストール

Fedora Core 5 に zphotoインストール
Fedora Core 5にzphotoをインストールした手順を紹介します。
私も、以前SuSEで自分の環境にインストールできなかった経験もあるので(原因不明)、インストールは自己責任でお願いします。
ちなみに、今回も、インストールは出来たものの、、、

zphotoダウンロードサイト作成者HP

http://0xcc.net/zphoto/
zphoto-1.2.tar.gz (http://namazu.org/~satoru/zphoto/zphoto-1.2.tar.gz)2004-07-21公開版

必要ライブラリのインストール
1、ming (0.2a 以上)
入手先: http://ming.sourceforge.net/
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/ming/ming-0.2a.tgz

2、imlib2 (1.1.0)
giflib.i386 パッケージインストール
libpng10.i386 パッケージインストール
入手先:http://prdownloads.sourceforge.net/enlightenment/
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-1.1.0-1.i386.rpm
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-devel-1.1.0-1.i386.rpm
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-filters-1.1.0-1.i386.rpm
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_argb-1.1.0-1.i386.rpm
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_jpeg-1.1.0-1.i386.rpm
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_gif-1.1.0-1.i386.rpm
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_png-1.1.0-1.i386.rpm

3、popt (1.6.3以上)
FC5導入時に既にインストールされていた。
yumでインストール可能。パッケージ名:popt.i386

4、zip
FC5導入時に既にインストールされていた。
yumでインストール可能。パッケージ名:zip.i386

5、avifile (0.7.38 以上)
入手先:http://avifile.sourceforge.net/
http://download.divx.com/divx/divx4linux-std-20030428.tar.gz
http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/avifile/avifile-0.7-0.7.45.tar.bz2
※動画は利用しないので、インストール未実施。

6、wvGTK (2.4.1 以上)
GUI版は利用しないので、インストール未実施。
7、zphotoインストール

zphotoをインストールします。
zphotoのインストールで何度か、失敗しました。
参考に、yum groupinstallでインストールしたグループもありますので、インストール済みのgrouplistを載せておきます。

Installed Groups:
MySQL Database
Editors
System Tools
GNOME Software Development
Text-based Internet
DNS Name Server
Authoring and Publishing
FTP Server
Network Servers
Legacy Software Development
X Window System
Graphics
Web Server
Windows File Server
Printing Support
Mail Server
Server Configuration Tools
Sound and Video
PostgreSQL Database
Administration Tools
Development Tools
Graphical Internet


以下、操作手順です。

[root@ns ~]# cd /usr/local/src/
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/ming/ming-0.2a.tgz
[root@ns src]# tar xvfz ming-0.2a.tgz
[root@ns src]# cd ming-0.2a
[root@ns ming-0.2a]# make
[root@ns ming-0.2a]# make install



[root@ns src]# yum install libpng10.i386
[root@ns src]# yum install libpng10.i386
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-1.1.0-1.i386.rpm
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-devel-1.1.0-1.i386.rpm
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-filters-1.1.0-1.i386.rpm
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_argb-1.1.0-1.i386.rpm
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_jpeg-1.1.0-1.i386.rpm
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_gif-1.1.0-1.i386.rpm
[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/enlightenment/imlib2-loader_png-1.1.0-1.i386.rpm


[root@ns src]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/avifile/avifile-0.7-0.7.45.tar.bz2
[root@ns src]# bzcat avifile-0.7-0.7.45.tar.bz2 | tar xvf -
[root@ns src]# cd avifile-0.7-0.7.45
[root@ns avifile-0.7-0.7.45]# ./configure
[root@ns avifile-0.7-0.7.45]# make -j 2 install
  ※成功していない。


[root@ns src]# wget http://namazu.org/~satoru/zphoto/zphoto-1.2.tar.gz
[root@ns src]# tar xvfz zphoto-1.2.tar.gz
[root@ns src]# cd zphoto-1.2
[root@ns zphoto-1.2]# ./configure
[root@ns zphoto-1.2]# make
[root@ns zphoto-1.2]# make install

Fedora Core5 インストール

インストールを紹介するページがたくさんあるので、ここでは、示しません。
インストール後に最初に行う作業を、参考に書いておきます。

1、文字コード変更

2、yumの初期設定
 ・ミラーサイト情報変更
 ・yum自動実行設定

後は、必要なサービスをインストールします。
本システムにかかわる部分の、Apacheの設定ファイルに関しては、後日紹介します。

<ご参考:私が、インストールしたサービス>
・DNSサーバ
・メールサーバ
・WEBメール
・WEB DAV
・DB
がメインのサービスです。あと、ウィルスチェックなど必要そうなToolをインストールしています。FC5は、基本的にyumでRPMがインストールできるみたいなので、初めての方でもWEBでインストールを紹介しているページを見ながら簡単にインストール出来ますよ!!

以下、1、文字コード変更と2、yum初期設定の詳細内容

1、文字コード変更(コンソールからの文字化け対策)

[root@ns ~]# vi /etc/sysconfig/i18n
デフォルトのUTF-8コードをeucJPコードにする
LANG="ja_JP.UTF-8"

LANG="ja_JP.eucJP"

2、yumのミラーサイト情報変更

RPMパッケージダウンロードサイトを日本のミラーサイトに変更
[root@ns ~]# vi /etc/yum.repos.d/local-core (core)
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/core/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os/

[root@ns ~]# vi /etc/yum.repos.d/local-updates (updates)
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/

[root@ns ~]# vi /etc/yum.repos.d/local-extras (extras)
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/extras/$releasever/$basearch/
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/extras/$releasever/$basearch/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/extras/$releasever/$basearch/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/extras/$releasever/$basearch/

設定ファイルの変更
[root@ns ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-core.repo
[core]
mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/fedora-core-$releasever

mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-core

[root@ns ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo
[updates]
mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/updates-released-fc$releasever

mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-updates

[root@ns ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-extras.repo
[extras]
mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/fedora-extras-$releasever

mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-extras

初回のアップデート
[root@ns ~]# yum -y update
※初回のyumアップデートは、時間がかかる。

[root@ns ~]# /etc/rc.d/init.d/yum start
夜間 yum 更新の有効化中 [ OK ]

3、yumの自動アップデート設定


[root@ns ~]# chkconfig yum on

[root@ns ~]# chkconfig --list yum
yum 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。